curve

リードスピーカーの利用方法

リードスピーカー webReaderを使用することで、Webサイト上の文章を音声で読み上げることが可能です。ワンクリックで、ページ上の文章を読み上げるのと同時に、ハイライト表示をさせるため、様々なデバイスや場所に関係なく簡単にご利用いただけます。

ご利用いただくお客様のほうで、ダウンロードやインストールを行う必要はございません。

どのように機能するのでしょうか?

読み上げボタンをクリックしますと、リードスピーカー webReaderで音声読み上げが開始されます。

音声読み上げボタン

リードスピーカー webReaderでは以下のことが可能です。

  • 読上げたい文章を選択し、ポップアップした読み上げボタンをクリックすることで、選択した文章を読み上げます。
  • マウスオーバーで読むを有効にし、文章の段落の上にカーソルを置くと、自動的に読み上げが開始されます。
  • 読み上げ速度の調整、文字サイズ、文字色、ハイライト色の変更が可能です。
  • コンテンツのオーディオファイルをダウンロードすることで、オフラインでのご利用が可能です。

各機能のご利用方法は、ツールバーにあるヘルプ【?】に記載されています。

ツールバーが開いた状態

キーボードナビゲーション

アクセスキー "K" を使用して、読み上げボタンボタンにフォーカスを合わせると、webReaderを有効にすることができます。アクセスキー "L" を使用すると、プレーヤーにフォーカスを合わせ、読み上げを開始します。webReaderツールおよび機能の多くには専用アクセスキーもあります。 アクセスキーは、ご使用のブラウザやオペレーティングシステムによって異なる修飾キーを使用します。

プレーヤーおよびツールバー内では、お客様がプレーヤーにフォーカスを合わせた時、タブ/シフト+タブを使用して移動したり、Enterキーを押して特定のボタンまたはオプションを有効にすることができます。

  • リッスンボタンにフォーカスを合わせる:修飾キー + K
  • webReaderプレイヤーを有効にする:修飾キー + L
  • ツールバーを開く/閉じる:修飾キー + 1
  • ヘルプ機能を開く:修飾 + I
  • 他のアクセスキー:ヘルプ機能を参照

Windowsの修飾キー

  • IE : Alt
  • Firefox : Alt + Shift
  • Chrome : Alt
  • Safari : Alt
  • Edge : Alt

Macの修飾キー

  • Firefox 2以上 : Control
  • Firefox 14以上 : Control+Alt
  • Chrome 1以上 : Control+Alt
  • Safari 4以上 : Control+Alt


Cookie

webReaderでは、セッション間でユーザーの個人設定を保存できるように、Cookieを有効にしご利用いただくことをお勧めします。

プラットフォームとWebブラウザ

webReaderは、デバイスに依存しないクロスプラットフォームのソリューションです。以下のデバイス上で操作できます:

  • 一般的に使用されているパソコン、ノートパソコン、Chromebook、タブレット、スマートフォンなどのすべてのオンラインデバイス。
  • すべての主要オペレーティングシステム:Windows、Chrome、Android、iOS、macOSなど
  • すべての主要なブラウザ:
    • ラップトップとPC用:IE7 +、Edge、Chrome、Firefox、Safari
    • モバイル端末用:iOS端末のSafariとChrome、Android端末のChrome、Windows PhoneのChromeとEdge 
      *OSやブラウザのメーカーがサポートしている範囲に限ります。

リードスピーカーの詳細については、www.readspeaker.co.jpをご覧ください。